トップページにみる日本のウェブデザイン

トップページにみるウェブデザイン--スタートポイントとしてのZDNet Japan

ZDNet Japanのリニューアルについて、今回はコードやウェブデザインというフロントエンドを探る。米国のCNETが支援するJavaScriptライブラリや、日米で異なるグローバルナビゲーションへのアプローチなどを聞いた。 2008-10-23 08:00:00

トップページにみるウェブデザイン--ビジネスもリニューアルしたZDNet Japan

今夏リニューアルしたZDNet Japanは、見た目という意味でのデザインだけでなく、情報の設計という点でも大きな変革を遂げた。その背景にはオンライン・メディア・ビジネスに迫る大きな波があった。 2008-10-16 08:00:00

トップページにみる日本のウェブデザイン--MySpaceが利用者の顔を載せる理由

Adaptive Pathが手がけた海外版MySpaceと異なり、日本版のMySpaceは独自の進化を遂げている。リニューアルの過程を担当者に聞いた。 2008-09-25 19:59:01

トップページにみる日本のウェブデザイン--表現したい人たちが集うMySpace

企業の顔となったコーポレートサイトのトップページ。デザイン担当者に話を聞くことで、日本のウェブデザインの現状がわかるのではないだろうか。今回はエンタテイメントSNSとして日本に根付くマイスペースを取り上げる。 2008-08-25 19:19:01

トップページにみる日本のウェブデザイン--Yahoo! Japanは「社会の縮図」

Yahoo! Japanのトップページは公共スペースを意識して設計されたことを前回説明した。今回はユーザー、広告主、他部署との関係を足がかりに、トップのリニューアルを探ってみたい。 2008-08-07 21:21:01

公共スペースを意識したYahoo!の新トップページ

本連載「トップページにみる日本のウェブデザイン」では、ポータルサイトやECサイト、ウェブサービスなどのトップページのデザインを、担当者の話を聞きながら探っていく企画。第1回目の今回は誰もが知っているYahoo! Japanのトップページだ。 2008-07-31 19:54:01

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]