FirefoxでPrismをより便利に使うには

杉山貴章(オングス)
2008-11-04 17:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Prismをより便利にする「Prism for Firefox」

 Prism for Firefoxは、Firefoxで現在開いているサイトを、ツールメニューから簡単にPrismアプリケーションにする拡張だ。この拡張を利用すれば別途Prismを起動する必要が無くなるため、ウェブの閲覧中に単体のアプリケーションとして使いたいサービスを見つけたら、すぐにPrismアプリケーションに変換することができる。

 Prism for FirefoxをインストールするとFirefoxの[ツール]メニューに図1のように[Convert Website to Application]というアイテムが追加される。Prismアプリケーションに変換したいサイトを表示した状態でこれを選択すれば、Prismの設定ダイアログが起動する。

図1 [ツール]メニューからPrismが起動できる 図1 [ツール]メニューからPrismが起動できる

 起動後の設定ダイアログにはあらかじめURLとアイコン画像が入力された状態になっている。その他の設定は通常Prismを使う場合と同様に行えばよい。

図2 URLとアイコンはあらかじめ設定されている
図2 URLとアイコンはあらかじめ設定されている

 Prismアプリケーションは、インターネットに接続されている環境ならばローカルアプリケーションだと言われても全く違和感がない。今後は、Firefox 3でサポートされたようなHTML5のオフライン機能なども導入し、よりローカルのアプリケーションに近い形で動作するようにしていくとのこと。

 Prismは現在、Windows版の他にLinux版およびMac OS X版が公開されている。Windows版はショートカットが作成されるだけだが、Mac OS X版では実行形式のファイルが生成されるとのことだ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]