Prismでウェブアプリをローカルアプリケーション化

杉山貴章(オングス)
2008-10-31 12:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleカレンダーをローカルアプリケーションに

 Prismを起動すると、図1のような設定ダイアログが表示されるので、ここに必要な情報を記入する。この図はGoogleカレンダーをPrismアプリケーションに変換しようとした場合の設定例だ。URLには対象となるウェブアプリケーションのURLを指定する。

図1 Prismアプリケーション作成時の設定例 図1 Prismアプリケーション作成時の設定例

 その他、ロケーションバーやステータスバーの表示の有無や、ナビゲーションキーを有効にするかなどが選択できる。また、デスクトップやスタートメニュー、クイック起動バーなどにショートカットを作成するかもここで選択する。アイコン画像は自分で指定することもできるが、[Use Image from web]を選択しておくとサイトに指定されたファビコンが使われる。

 設定が入力できたら[OK]をクリックすればPrismアプリケーションが生成される。とは言ってもWindows版の場合は実際に実行ファイルが生成されるわけではなく、Prism経由でウェブアプリケーションにアクセスするためのショートカットが作成されるようになっている。Mac OS Xでは実行ファイル自体が作成されるとのこと。

 スタートメニューに登録した場合には、図2のように[Web Apps]というディレクトリの下にショートカットが配置される。

図2 スタートメニューへの登録 図2 スタートメニューへの登録

 次回は、Prismアプリケーションの作成をより手軽にするためのFirefox拡張を紹介する。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ