Firefox 3が持つその他のSQLiteデータベースファイル

杉山貴章(オングス)
2008-10-29 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロファイルフォルダ内の.sqliteファイル

 Firefox 3ではブックマーク・履歴以外にも様々なデータがSQLiteデータベースによって管理されている。これらのデータベースは、places.sqliteと同様にプロファイルフォルダ以下に.sqliteという拡張子のファイルとして保存されている。SQLite Managerの場合、図1のようにメニュー右上のリストボックスにこれらのファイルの一覧が表示される。

図1 SQLite Managerではメニューバーから各種データベースにアクセスできる 図1 SQLite Managerではメニューバーから各種データベースにアクセスできる

 各ファイルは次のような情報を格納するためのデータベースになっている。

  • content-prefs.sqlite - サイト毎の文字の拡大・縮小の設定を格納
  • cookies.sqlite - クッキーを格納
  • formhistory.sqlite - フォームに入力したデータを、入力フォームの名前とセットで記録
  • downloads.sqlite - ダウンロード履歴
  • permissions.sqlite - 画像の読み込み許可やポップアップの制御、クッキーの例外サイトなどの設定を格納
  • search.sqlite - 検索エンジンの登録状況。登録されたエンジンはsearchpluginsフォルダに格納される
  • webappsstore.sqlite - ウェブサイトによって設定されるセッションストレージ

 これらの情報はFirefox 2までは独自の形式で保存されていたが、Firefox 3からSQLiteベースで扱われるように変更されたことで、全て共通の方法でアクセスできるようになった。places.sqliteと同様の方法でアクセスできるので、バックアップを取った上で色々と試してみるといいだろう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]