Firefox 3のPlacesにSQLite Database Browserでアクセスしてみる

杉山貴章(オングス)
2008-09-24 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Placesデータベースに定義されているテーブル

 Placesで管理されるブックマークや履歴などのデータは、プロファイルディレクトリ以下にある「places.sqlite」に格納されている。例えばWindows XPであれば「C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\ランダムのフォルダ名\places.sqlite」がそれにあたる。これはSQLiteのデータベースファイルなので、SQLiteに対応したデータベース管理ソフトウェアで閲覧することができる。今回はオープンソースのSQLiteブラウザである「SQLite Database Browser」でこのPlacesデータベースにアクセスしてみる。

 places.sqliteを開くと、図1のようにいくつかのテーブルが定義されているのがわかる。

図1 places.sqliteにアクセスした様子。「moz_」から始まるテーブルが定義されている 図1 places.sqliteにアクセスした様子。「moz_」から始まるテーブルが定義されている

 これらのテーブルはそれぞれ以下のデータを格納するためのものだ。

  • moz_places - ベースとなるPlacesデータ
  • moz_bookmarks - ブックマークデータ
  • moz_bookmarks_roots - ブックマークのルートとなるフォルダ一覧
  • moz_histryvisits - ページの訪問履歴
  • moz_inputhistory - フォームへの入力データの履歴
  • moz_keywords - ブックマークに付けるキーワードの一覧
  • moz_favicons - ファビコンのデータ
  • moz_annos - ページに対する注釈データ
  • moz_item_annos - ブックマークに対する注釈データ
  • moz_annos_attributes - 注釈の属性一覧

そして、それぞれのテーブル間の関係は図2のようになっている。

図2 Placesデータベースに含まれるテーブル間の関係 図2 Placesデータベースに含まれるテーブル間の関係

 これを踏まえて、次回は個々のテーブルの中身を覗いてみよう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ