開発者のFirefox 3:非互換のアドオンをインストール

杉山貴章(オングス)
2008-06-30 16:36:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 6月17日(米太平洋夏時間)に正式リリースされたFirefox 3は、リリース後の24時間で830万件を超えるのダウンロードを記録し、市場シェアが早くも6%台に達するなど、その反響が非常に大きい。

 Firefox 3はWebアプリケーション開発をサポートする新機能なども加えられており、ウェブブラウザのユーザとしてだけでなく開発者の立場から見ても興味深いリリースとなっている。

 また、アドオンマネージャに公式アドオンサイトであるFirefox Add-ons(日本語版はFirefox 用アドオン)が統合されるなど、拡張のしやすさも大きな魅力である。アドオンの中にはWebアプリケーション開発をサポートする機能を持つものも少なくないため、うまく使うことで開発の効率を大幅に向上させることができる。

 本連載では、開発者を主な対象として、Firefox 3を快適に使うためのアドオンやTips、設定を紹介する。第1回となる今回は「Firefox 3にしたらこれまで使っていたアドオンが使えなくなってしまった」という人のために、「Nightly Tester Tools」を紹介しよう。

Nightly Tester Tools

 Firefoxのアドオンには対応するバージョンが記載されており、通常は非互換のアドオンはインストールできないようになっている(図1)。

図1 バージョン非互換のアドオンはインストールできない 図1 バージョン非互換のアドオンはインストールできない

 Nightly Tester ToolsはFirefoxのNightly Buildをテストするユーザのために作られたアドオンであり、非互換のアドオンを強制的にインストールできるようにする機能が提供される。もちろんそのアドオンが正常に動作するかどうかはまた別の問題だが、実際には単に対応バージョンの数値を変更するだけでいいというものも多い。

 まだFirefox 3に対応していないアドオンも少なくないため、自分なりにカスタマイズしているユーザほど活用する機会が多いことだろう。

 Nightly Tester Toolsをインストールしていると、非互換のアドオンをインストールしようとした際に図2のように表示される。ここで[Force Install]をクリックすれば、バージョンチェックを回避してインストールすることができる。

図2 非互換のアドオンの強制インストール 図2 非互換のアドオンの強制インストール

 また、Firefoxのアップデート時にもバージョン不一致のアドオンが無効化されてしまうが、Nightly Tester Toolsをインストールしておけば、アドオンマネージャに表示される[Override add compatibility]ボタンをクリックすことでこれを一括で有効化することができる(図3)。

図3 未対応のアドオンを一括で有効化(クリックで拡大) 図3 未対応のアドオンを一括で有効化(クリックで拡大)

 そのほか、本来の目的であるNightly Buildをテストする場合に便利な機能も用意されている。例えばタイトルバーのカスタマイズやスクリーンショットの撮影、エラーログの解析などである。

 タイトルバーはダイアログの[Use custom title]にチェックを入れることで変更できるようになる(図4、図5)。また、スクリーンショットなどの機能は[ツール]-[Nightly Tester Tools]メニューから利用可能だ(図6)。

図4 タイトルバーのカスタマイズ 図4 タイトルバーのカスタマイズ
図5 変更を反映したタイトルバー 図5 変更を反映したタイトルバー
図6 Nightly Tester Toolsのその他の機能 図6 Nightly Tester Toolsのその他の機能
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ