Safari 3.1でWebフォントを利用する--様々な字体を定義する

エ・ビスコム・テック・ラボ
2008-04-04 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォントの定義の記述形式

 最後に、@font-faceを使ってフォントを定義するときの記述形式を簡単にまとめておこう。フォントの定義は次のような形で記述する。

@font-face {
descriptor: value;
descriptor: value;
...
descriptor: value;
}

 CSS 3では以下のようなdescriptorを利用して、定義するフォントの特徴を指定できるようになっている。複数のdescriptorを指定すれば、それだけフォントの特徴を細かく定義することが可能だが、Safari 3.1ではfont-variant、font-stretch、font-sizeの指定には対応していない。

 なお、descriptorで指定できる値は基本的に同名のプロパティと同じだが、「bolder」のように相対的な大きさを示す値は指定できないことになっている。

descriptorと指定できるフォントの特徴
descriptor指定できるフォントの特徴
font-familyファミリー名
font-styleフォントのスタイル
font-weightフォントの太さ
font-variantフォントの変形
font-stretchフォントの字幅
font-sizeフォントの大きさ
srcフォントファイルのURLまたはインストール済みフォントの名前

 CSS 3の規格では、さらに細かな特徴を指定してフォントを定義できるようになっている。詳しくは、CSS 3の草案「Web Fonts」を参照してほしい。

  • コメント(2件)
#1 y2   2008-04-04 12:50:19
「字体」の定義が標準的なものとは違うので、混乱する読者がいるかもしれません。
#2 Cee   2008-04-07 11:26:24
前回の背景画像複数指定も含め、まずはそれぞれのブラウザによる対応が必要となり、ウェブサイトでの実現は数年先かな~と思います。が、これらの進歩には将来をとても期待させられます。がんばれ~
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]