HTML/XHTMLやCSSの標準規格を整理:FirefoxとSafariのCSS

エ・ビスコム・テック・ラボ
2007-12-19 16:14:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勧告に向けて審議中のHTML/XHTMLの規格

 HTML/XHTMLでは以下の規格が勧告に向けて審議中となっている。

 XHTML 2は、W3Cが次世代のHTML/XHTMLとして審議を進めている規格だ。しかし、現状ではHTMLとの下位互換を維持したXHTML 1.0までしか利用は進んでおらず、ブラウザのサポートを含めて、XHTML 2が普及する兆しはいっこうに見えてこない。

 こうした状況の中、HTML 4.01やXHTML 1.0との下位互換を維持しつつ、最新のAjaxなどにも対応できる規格として提案されたのがHTML 5だ。

 HTML 5は、AppleやMozilla Foundation、Opera Softwareによって設立されたWeb Hypertext Application Technology Working Group(WHATWG)が提案している規格で、Web制作の現場のニーズに則した規格の策定を目指している。

WHATWG WHATWGのホームページ

 この流れを受けて、W3CのHTMLワーキンググループにおいてもHTML 5の審議が開始され、今月にはWHATWGとW3Cから、HTML 5の草案がリリースされた。草案の内容は同じものだが、W3Cの草案は「Editor's Draft」となっており、正式な「Working Draft」とはなっていない。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]