HTML/XHTMLやCSSの標準規格を整理:FirefoxとSafariのCSS

エ・ビスコム・テック・ラボ
2007-12-19 16:14:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Firefox 3やSafari 3がサポートした新機能には、HTML5やCSS 3の機能が多く含まれている。そこで、新機能を見ていく前に、標準規格の現状を確認しておこうと思う。

標準規格(勧告)となるまでの流れ

 現在、Webページを制作するのに必要なHTML/XHTMLやCSSの標準規格は、W3Cによってリリースされている。各規格は「草案」から始まり、審議を繰り返して最終的な「勧告」となり、標準規格として広く利用されるようになる。

W3C W3Cのホームページ

勧告がリリースされるまでの主な流れ

  1. Working Draft(草案)
  2. Last Call Working Draft(最終草案)
  3. Candidate Recommendation(勧告候補)
  4. Proposed Recommendation(勧告案)
  5. Recommendation(勧告)

勧告としてリリースされているHTML/XHTMLの規格

 現在、HTML/XHTMLでは以下の勧告がリリースされている。

 このうち、利用が推奨されている最新の標準規格は「XHTML 1.0」となっている。

XHTML 1.0 XHTML 1.0の勧告

 HTML 4.01は1999年にリリースされた勧告で、W3Cで「HTMLの最終バージョン」と位置付けられた規格だ。XMLをベースとしていないことから柔軟性が低く、XHTMLに移行することが推奨されている。

 XHTML 1.0はHTMLの欠点を補うため、XMLによってHTML 4.01を定義しなおした規格だ。そのため、文法的にはXMLの記述ルールに従う必要があるが、HTML 4.01と同じタグ(要素)を利用することができる。

 XHTML 1.1は2007年2月にSecond Editionがリリースされ、HTML/XHTMLの中では最新の規格となっている。しかし、XHTML 1.1はHTMLの下位互換をすべて排除した規格で、ブラウザの対応などの問題もあり、ほとんど利用されていないのが現状だ。

 そのため、W3Cにおいても、最新のHTMLの勧告を示すURLにアクセスすると、XHTML 1.0の勧告が開くようになっている(XHTML 1.0 The Extensible HyperText Markup Language (Second Edition))。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ