ついに正式勧告--「HTML5」を使いこなすには何が必要か

中島俊治
2014-11-10 06:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5. 転職や就職にも有利、履歴書にも

 趣味としてHTML5を楽しむのもオススメですが、その知識のレベルを測ってみませんか? HTML5はウェブデザイナーが今もっとも身につけたい技術をすべて含んでいます。ライセンスを取得して今までと違ったスキルパスが描けるかもしれません。

 「HTML5プロフェッショナル認定資格」は、Linux技術者認定制度を実施している公平中立な認定団体LPI-Japanが行う認定資格です。

まずは無料の説明会に参加してみよう

 LPIや各HTML5アカデミック校では定期的に無料の説明会を開催しています。まずはそこに参加して、試験の概要や勉強の仕方の説明を聴いてみましょう。http://html5exam.jp/news/event/

認定校で系統だった勉強や対策会

 独学でもいいですが、勉強する内容はボリュームもありますし、単なる暗記試験ではなく応用力が試されます。そのため、LPI-Japanが適合していると認める「HTML5アカデミック認定校」制度があり、執筆時点で7校が認定を受けています。認定校の受験対策会に勉強したり参考書籍を購入したりするなどして試験に備えましょう。http://html5exam.jp/measures/learning.html

 東京アプリ・ワークショップも認定校のひとつとして、無料の説明会や受験対策会を開催し、電子書籍「HTML5入門」を販売しています。http://www.facebook.com/tokyoAppWorkShop

いよいよレベル1にチャレンジ

 いよいよ認定試験。レベル1は主に狭義のHTML5とCSS3がメイン。緊張の一瞬ですが、ケアレスミスのないよう、今までの実力を出しきって、ぜひ資格を獲得してください。

次はレベル2!

 レベル2はJavaScriptがメイン。HTML5にとってJavaScriptは欠くことのできない技術であるのはお話した通り。レベル2を獲得して真のHTML5のプロフェッショナルになるようチャレンジしてください。

6. 最後に

 紙面が限られているので、すべてのことをお話することはできませんが、HTML5のきっかけにはなったのではないでしょうか。

 これを機会に、HTML5を楽しみながら、資格を取得し、HTML5が皆様の未来のお役に立つことを期待しています。

 東京アプリ・ワークショップでは、初心者向けHTML5のワークショップをはじめ、CSS3やcanvasなど特定のテーマを徹底的に学ぶ講座も開催しています。また、LPI−Japanアカデミック認定校としてHTML5プロフェッショナル認定資格取得を目指す皆さんへのお手伝いをしています。

 ぜひ、私たちと一緒にHTML5を楽しみましょう

中島俊治氏
中島俊治
岡山県生まれ。水瓶座。ソフトバンク、ジオシティーズ、ヤフー、ベクター、SBI、ジョインベスト証券でコミュニティマネージャ・企画・制作等を経て個人事業主へ
マイクロソフトMVP(2014)受賞。HTML5プロフェッショナル認定資格(レベル1とレベル2)取得。ウェブアプリの甲子園「マッシュアップアワード6」入賞
現在、放送大学など3大学・企業研修、自主講座「東京アプリ・ワークショップ」で、HTML5の講師を担当。学んで覚えるよりも「触れて楽しむということをモットー」に、HTML5の便利さ・可能性を伝道しながら日々活動中。Facebookグループ「We love HTML5」管理者
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]