Webアプリケーション開発に新しいパラダイムをもたらす「Meteor」

杉山貴章(オングス)
2012-05-22 14:58:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽量スレッド

 Meteorではサーバ側のスレッド実装として軽量スレッド「Fiber」のNode.js用ライブラリ「node-fibers」が採用されている。これによって、1リクエストにつき1スレッドが割り当てられるようになっているとのこと。ただし、コールバックはサポートされていない。

Meteorは新しい開発パラダイムになるか

 Meteorを使ってみると、これまでのWebアプリケーション開発のために行っていた様々な作業は一体何だったのかという思いを抱くようになる。環境のセットアップやライブラリの用意、パッケージング、デプロイ、Webブラウザのリロードなど、コーディング以外の多くの作業がMeteorでは不要になる。書いたコードが即座にWebブラウザ上の表示に反映される様は実に愉快だ。

 Meteorはまだ誕生したばかりであり、正式なリリースまでにはもう少し時間がかかるだろうが、普及すればWebアプリケーション開発のパラダイムを大きく変える存在になるかもしれない。

キーワード解説一覧

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]