WebサイトのIE10対応をサポートする「IE10 Compat Inspector」

杉山貴章(オングス)
2012-01-25 19:01:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IE10を試すには

 IE10の最新のプレビュー版はこのページでダウンロードできる。ただし、現在公開されている最新版はWindwos 8 Developer Preview専用でありWindows 7以前のOSにはインストールできない。

 Windows 8のプレビュー版はWindows Dev CenterでISOイメージが公開されているので、これを使って仮想環境上にインストールするのが、もっとも手軽にWindows 8環境を手にする手段だろう。ただし、Windwos 8 Developer Previewは仮想化支援機構のIntel VT-xまたはAMD-VをサポートしたCPUでなければインストールできない。

 Windwos 8 Developer PreviewにはあらかじめIE10がインストールされているが、これはPlatform Preview 3にあたるもの。最新版は2011年11月29日にリリースされたPlatform Preview 4と呼ばれるバージョンなので、前述のページよりこれをダウンロードしてインストールすれば、IE10の最新機能を試してみることができる。

 Windows 8は今年2月下旬頃にパブリックベータ版がリリースされる予定となっている。これは「Consumer Preview」という位置づけで、より一般ユーザー向けの機能プレビューの意味合いが強いものになるようだ(米ZDNetの報道より)。

 Windows 8の登場が現実的になり、アプリケーション開発者も対応に本腰を入れなければならない時期にきている。それはWebアプリケーションの開発者も例外ではない。早い段階からIE10のサポート状況を確認しておく必要があるだろう。

キーワード解説一覧

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]