builder by ZDNet Japanをご愛読頂きありがとうございます。

builder by ZDNet Japanは2022年1月31日にサービスを終了いたします。

長らくのご愛読ありがとうございました。

モバイル向けFlash終了でHTML5大勝利!と安心していられない理由

杉山貴章(オングス)
2011-12-06 12:25:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HTML5に対する注目度は日を追うごとに高くなる一方だが、去る11月9日、それをさらに加速させるニュースがもたらされた。

 米Adobe Systemsが、モバイル端末向けFlash Playerの開発を中断すると発表したのだ。この決断の意図は何か、FlashおよびHTML5の開発者にとってどのような影響をもたらすのかを紐解く。

モバイルFlash Player開発中止の真意

 はじめにAdobeによる発表をおさらいしておこう。要約すると次のような内容だ。

  • Flashプラットフォームの開発を、ウェブブラウザ上でのFlash Playerと、ネイティブアプリケーションプラットフォームであるAdobe AIRに集中する
  • HTML5向けのツールやソリューション、ブラウザに対するリソースを(費用、エンジニアの両面において)さらに増やす
  • モバイル端末用ウェブブラウザ向けのFlash Playerは、これ以上の積極的な開発を行わない
  • Adobe MAX 2008では同社CTOのKevin Lynch氏がiPhoneのFlash対応に前向きな姿勢だったが…

 誤解のないように強調しておくと、この発表はFlash自体の開発を中断させるということでも、モバイル端末からFlashが消えるということでもない。あくまでもモバイル端末用のブラウザでFlashが使えなくなるということだ。モバイル端末向けのFlashは、今後はAIRアプリとして存続する。

 では、なぜAdobeはこのような思い切った決断を行ったのだろうか。

 同社のエバンジェリストであるMike Chambers氏は、自身のブログで次の5つの理由を挙げている。

  • モバイル端末におけるFlash Playerの普及率がデスクトップのそれに比べて芳しくない
  • モバイル端末市場ではHTML5が人気・普及率ともに好調
  • デスクトップとモバイルではユーザーのコンテンツの楽しみ方が異なる。モバイルではブラウザよりもアプリで楽しむ傾向が強い
  • モバイルブラウザ向けプラグインの開発は多くの企業との連携が必要であり、コストが高い
  • HTML5の成長を見越して、社内リソースをFlashからHTML5に移行する方針をとっている

 一言で言えば、モバイルブラウザ向けのFlash Playerは開発が困難な割には普及しておらず、利用シーンも限られているので、その分のリソースを他(デスクトップ版Flash PlayerやAIR、そしてHTML5)に割きたい、といったところだろうか。確かに直接的な影響を受けるのはFlashプラットフォーム全体から見ればごく一部かもしれないが、決して無視できる市場というわけではない。この思い切った決断に非難の声が多数上がったのは当然だろう。

Flash開発者に突き付けられた選択肢

ブログの新規登録は、2021年12月22日に終了いたしました。

folllow builer on twitter
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]