Dreamweaver CS5はモバイルWebオーサリングをスムーズにする--アドビ

矢野りん
2010-07-29 17:36:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスチャン:UIレベルのJavaScriptに限ってチェックする機能が付いていますが、デバイスレベルのAPIはまだサポートしていないのが現状です。今後の課題ですね。ただ、モバイルといえば、モバイルプラットフォームでの動作に対応するFlash 10.1対応Flashコンテンツの場合、デバイスレベルのAPIを実行状況も含めてエミュレートすることが可能です。

矢野:そうだ、今やモバイルでHTML5とFlashの両方を実行できるわけですよね。制作側はどんなケースで両者を使い分けたらよいと考えますか?

デヴィン:答えるのが難しい質問ですね――まず、両方は共存する関係だと思っています。HTML5はエキサイティングですが、ブラウザが無ければ動きませんから制限はつきものです。その点、Flashはブラウザの外でもアプリケーションとして動作しますから、HTMLにできないことができる環境といえます。

 結局使い分けは、プロジェクトの目的をよく見極めることだと思いますよ。具体的に言うとすれば、ゲームコンテンツはFlashの採用がオススメです。異なる表示解像度のデバイスに対しても一貫したプレゼンテーションを保つことができますし、一度実装してしまえば複数の環境に向けてコンテンツを提供できる点が強みです。

 一方でキャンペーン系のウェブの場合、HTMLの採用が妥当です。制限の大きいデバイスでも、高性能のデバイスでも、確実にコンテンツをユーザーに届けられますからね。

矢野:なるほど。ところでAdobeといえば、昔からの顧客はデザイナーですよね。ウェブコンテンツの制作技術もDreamweaverもだんだんと複雑になってきていますが、コードを書けないデザイナーでもAdobe製品を使いこなせるものでしょうか。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]