モジラ、「Firefox 3.6」正式版を発表--日本では1月22日2時より公開

浅賀美東江
2010-01-21 19:18:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Japanは1月21日、ウェブブラウザの最新版「Firefox 3.6」の正式版を発表した。日本では1月22日午前2時(太平洋標準時で1月21日午前9時)より「GetFirefox.com」から無料でダウンロードできる。

 Firefox 3.6は、Windows7に正式対応したほか、パフォーマンスを改善してアプリケーション全体の体感速度の向上を図っている。JavaScriptの実行速度もこれまでにくらべ、20%以上高速化し、起動時間も短縮した。また、HTML5/CSS3対応を強化するとともに、加速度センサーAPIなど、ウェブ開発者向けの機能も追加している。

 セキュリティ面では、新型コンピュータウイルス「Gumblar(ガンブラー)」の感染防止にも役立つ、プラグインチェックツールを提供。インストールされているプラグインの状態を、一目で確認することが可能となった。

 さらに、ワンクリックでウィンドウのデザイン(テーマ)をカスタマイズできる「Personas(ペルソナ)」機能を標準搭載した。Mozillaが提供するギャラリーには、すでに4万以上のテーマが登録されているという。

 なお、今回のFirefox 3.6リリースにともない、日本独自の取り組みとして「Firefox 3.6 の灯」を公開する。同サイトでは、日本国内のFirefox 3.6のダウンロード状況を、リアルタイムに確認できるようになる予定だ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ