モジラ、「Firefox 3.6」の第2ベータ版をリリース

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟
2009-11-12 07:21:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaは、Windows、Mac、Linux向けに「Firefox 3.6」の第2ベータ版をリリースした。同ブラウザを2009年内に正式リリースすることを目指している。

 ブラウザの外観をカスタマイズできるようにする「Personas」などの多くの新機能を搭載したFirefox 3.6の第1ベータ版がリリースされてからは、まだ2週間も経っていない。新たにリリースされた第2ベータ版では190件に及ぶパッチが追加されており、MozillaのFirefox担当ディレクターであるMike Beltzner氏は、ブログへの投稿で、「非互換のソフトウェアがFirefoxをクラッシュさせることのないようなメカニズム」が実装されたことを記している。

 また、第2ベータ版では、ウェブ開発者が大いに興味を抱きそうな構造面での深い変更点が数多く追加されている。その中には、CSS(Cascading Style Sheet)と呼ばれるフォーマット技術でカラーグラデーションを用いる際のシンタックスが、第1ベータ版と第2ベータ版では異なることが挙げられる。

 Mozillaは、Firefoxのリリースペースを速めようとしている。「Firefox 3.7」は2010年前半に、「Firefox 4.0」は2010年後半にリリースされる予定である。Firefoxは、「Google Chrome」ブラウザからの新たな競争に直面している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]