フォトレポート:絵で見る「Firefox 4.0」モックアップ

文:Andy Smith(ZDNet.com) 翻訳校正:編集部
2009-07-29 11:05:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モジラは、「Firefox 4.0」の将来を思わせる外観を示したモックアップを公開した。ここでは、同モックアップを画像で紹介する。

提供:Mozilla

 タブがロケーションバーの下にある場合。

 Mozilla によると、タブが上にある場合は、次のような長所が考えられるという。

- 縦スペースの節約
- 効率性、そして、視覚的複雑さの排除。 現在、タブは、何らかの項目と結びつきを得る必要がある。そのため、タブが得るべき視覚的要素を加えようとしている。
- ページコントロールへのマウス移動距離の短縮

 一方、次のような短所が考えられる。

- 一貫性の欠如と不慣れさの発生。項目を移動すると既存ユーザーを混乱させる。
- タイトルの表示場所がなくなる。タイトルバーに十分な場所がなくなるので、省略された形式でのみタブで表示されるようになる
- タブへのマウス移動距離が長くなる。タブまでマウスを移動させるための距離が遠くなる。
- 空間を失う。アプリケーションアイコンとウインドウウィジェットが表示されることで、空間がある程度失われる。

フォトレポート:絵で見る「Firefox 4.0」モックアップ 文:Andy Smith(ZDNet.com) 翻訳校正:編集部
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]