Google Waveはコミュニケーションを再定義するか?

Yoichi Yamashita
2009-05-29 19:15:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コミュニケーションと同じぐらいにドキュメントを重視しているのもGoogle Waveの特長だ。

 講演ではドラッグ&ドロップでGoogle Waveに写真を貼り付けて見せた。これはHTML 5でもサポートされていない機能。Googleが標準化を後押ししている段階であり、今はGoogle Gearsで実現している。

写真のドラッグ&ドロップのデモ(画像をクリックすると拡大します) 写真のドラッグ&ドロップのデモ(画像をクリックすると拡大します)

 ドキュメント作成のコラボレーションも可能である。タイピングも反映されるような反応速度を活かして、5人で同時に異なる言語を含めてリアルタイムに編集するデモが行われた。

ヘブライ語や中国語を含む複数言語で、複数が同時に1つのドキュメントを編集(画像をクリックすると拡大します) ヘブライ語や中国語を含む複数言語で、複数が同時に1つのドキュメントを編集(画像をクリックすると拡大します)

 Google WaveではGoogle Wave APIを通じて、ウェブページへの組み込みやRobotやGadgetによる拡張をサポートする。活用例としてブログやTwitterとの連携、映画レビューサービスなどが示された。

ブログに埋め込まれたGoogle Wave(画像をクリックすると拡大します) ブログに埋め込まれたGoogle Wave(画像をクリックすると拡大します)

電子メールのオープンモデルを踏襲

 モバイル機能を除いて、この日のデモは特に大きなトラブルに見舞われずに終了した。ただ、Google Waveは開発初期段階のツールである。むしろデモが失敗する可能性の方が高かった。

 そんなリスクを背負っても、GoogleがWaveのデモ公開を強行したのは、Waveのアルゴリズムやプロトコルをオープンソースで公開するためだ。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]