Firefox 3.1 Beta 1レビュー:JavaScriptエンジンTraceMonkeyでどう変わる?

杉山貴章(オングス)
2008-10-17 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Firefox 3.1 Beta 1リリース

 Mozilla Foundationは10月14日(米国時間)、ウェブブラウザ「Firefox 3」の最新ベータ版となる「Firefox 3.1 Beta 1」をリリースした。Firefox 3.1は現在「Shiretoko」のコードネームで開発が進められているバージョンであり、今回が初のベータ版リリースとなる。本稿では早速、公開されたベータ版を試してみた。

 なお、Firefox 3.1 Beta 1はこのページの「now available for download」のリンクより各国版をダウンロードできる。

Firefox 3.1 Beta 1はあくまでも開発者やテスター向けのリリースであり、一般ユーザが常用することを想定していません。したがってインストールおよびその後の運用については自己責任でお願いします。

レビュー環境

 今回のレビューは以下の環境で行った。

  • OS:Windows XP Professional SP3
  • CPU:Pentium 4 2.40GHz
  • モリ:768MB

Beta 1における新機能

 Firefox 3.1 Beta 1ではレンダリングエンジンとしてGecko 1.9.1を搭載しており、最新のWeb標準仕様をサポートしている。その他、今回のリリースでは次のような新機能が追加された(一部、Alpha 2ですでに有効だったものも含む)。

  • CSS 2.1およびCSS 3のサポート強化
  • ショートカットによるタブのプレビューおよび切替え機能
  • スマートロケーションバーで特殊文字を使用した場合のマッチングや絞り込みの制御を改善
  • HTML 5の
  • W3CによるGeolocation APIのサポート
  • JavaScriptクエリセレクタのサポート
  • Web Worker Threads機能の強化
  • SVG Transformサポートの強化
  • オフラインアプリケーション機能の強化
  • 新しいJavaScriptエンジン「TraceMonkey」の搭載(デフォルトでは無効)
  • 種々のバグフィックスとパフォーマンス改善

外観

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ