マイクロソフトはIE 8で地雷を踏んだ?

冨田秀継(編集部)
2008-08-28 18:56:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Internet Explorer 8のパブリックベータ版で提供される機能に、閲覧履歴からユーザーが関心を示すと思われる他のウェブサイトの候補を表示するオンライン機能「サイト候補」がある。しかしこの機能、アクセスしたURLなどの情報をマイクロソフトに送信してしまうのだ。

 [Ctrl]+[L(ocation)]でアドレスバーにフォーカスするブラウザが多い中、Internet Explorerはバージョンが8になってもダイアログ「ファイルを開く」を表示してしまう。[F6]キーでアドレスバーにフォーカスできるのだが、ちょっと遠いような気もする。

 下の画像はInternet Explorer 8でアドレスバーが便利になった様子。「’builder’に進む」は、説明だけではどのように動作するか不明だったため、クリックしてみると……。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]