マイクロソフトはIE 8で地雷を踏んだ?

冨田秀継(編集部)
2008-08-28 18:56:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Internet Explorer 8のパブリックベータ版で提供される機能に、閲覧履歴からユーザーが関心を示すと思われる他のウェブサイトの候補を表示するオンライン機能「サイト候補」がある。しかしこの機能、アクセスしたURLなどの情報をマイクロソフトに送信してしまうのだ。

 そのセーフティをクリックすると、下の画像のようなメニューがあらわれる。

 Microsoftのプライバシーポリシーによれば、InPrivateブラウズはPCのローカルストレージに対して、新しいCookieが保存されない、新しい履歴の入力が記録されない、新しいインターネット一時ファイルが、InPrivateブラウズウィンドウを閉じたときに削除される、フォームデータが保存されない、入力したパスワードが保存されない、アドレスバーに入力したアドレスが保存されない、検索ボックスに入力した検索語句が保存されないといった制限を加える。また、先のInPrivateブラウズをオンにしている間は、「サイト候補」がオンであってもMicrosoftに情報は送信されないという。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]