マイクロソフトはIE 8で地雷を踏んだ?

冨田秀継(編集部)
2008-08-28 18:56:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Internet Explorer 8のパブリックベータ版で提供される機能に、閲覧履歴からユーザーが関心を示すと思われる他のウェブサイトの候補を表示するオンライン機能「サイト候補」がある。しかしこの機能、アクセスしたURLなどの情報をマイクロソフトに送信してしまうのだ。

 下の画像はウェブアプリケーションの処理速度が体感で変わったかを確認しようと、Googleにログインを試みている様子。何度かIDとパスワードを間違ってしまい、さらに間違った情報をオートコンプリートに登録してしまったのだが、重複する情報の上書きを確認するダイアログが表示された。

 Firefox 3では画面遷移後に(ログインの成否によらず)IDとパスワードを保存するか決めることができるが、また違ったアプローチとなっている。ちなみにGmailへのアクセスだが、Inboxに大量にメールがあるアカウントにアクセスすると落ちてしまった。逆にInboxが整理されたアカウントでは素早く読み込んでくれた。

 本稿はこのページでおしまいとなるが、他のブラウザとの比較やプライバシーに関わる機能への意見があれば、是非コメントで教えてほしい。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]