最適化してビジネスに活かす!--ランディングページ作成のポイント

文:Tony Patton(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-08-20 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットの登場以降、ウェブサイトはオンライン上のパンフレットという存在から、情報のみならず多くの機能を提供する洗練されたインタラクティブなアプリケーションへと進化してきた。ウェブサイトが進化したとはいえ、ユーザーが情報を求め、必要としているということに変わりはなく、企業がその製品やサービスを後押していかなければならないということにも変わりはない。本記事では、ウェブサイトのコンポーネントの中でも、潜在顧客や既存顧客とのやり取りに使用されるランディングページを採り上げている。

ランディングページの明確化

 ウェブサイトでは、固有の目的に特化したランディングページを複数用意することもしばしばある。こういった目的の例として、新規顧客の獲得や、見込み客の獲得、情報の収集などがある。また、ランディングページへのリンクは、しばしば電子メールに記載される(関連英文記事)。

 あなたは、サイトの訪問者に商品の購入や、ニュースレターの購読申し込みといった何らかの行動をとってほしいと考えているはずだ。顧客がそういった行動をとることでコンバージョンにつながるのだ。そして、コンバージョンにつなげるということは、ウェブサイトや、電子メールを用いたキャンペーンなどを成功させるうえでの重要な側面となっているのである。

 理論的には、どのウェブページも検索エンジンやその他のリンクを通じてアクセスされることになるため、すべてのウェブページがランディングページだと考えることもできる。本記事ではランディングページというものを、特定の電子メールキャンペーンや、ニュースレター、その他のマーケティング手法に反応した人々を迎え入れるための特別なページとして定義している。

ランディングページの要素

 効果的なランディングページをデザインできるかどうかで、顧客獲得の成否が決定するとも言える。ページのレイアウトやデザインに関しては、以下の指針を念頭に置いておいてほしい。

  • 会社や製品のロゴはページの左上に配置する。なお、すべての画像は、提供しているオファーや提示しているアイデアに関連したものでなければならない。
  • 見出しによって、提供しているオファーのメリットを明確にする。ほとんどの場合、ユーザーが最初に目にするものは見出しであるため、このことは非常に重要である。
  • ユーザーは通常、ウェブサイトのコンテンツを注意深く読むことはなく、斜め読みするだけに終わるため、簡潔にポイントを述べるようにする(関連英文記事)。箇条書きを用いることで、素早く斜め読みできるようになる。重要なことは、提供しているオファー(すなわち、ユーザーがこのページを訪問した目的)への最短経路を提供することである。
  • ランディングページに外部リンクを設置してはいけない。ユーザーに行ってほしいこと、すなわちフォームの記入や注文といったことを行うためだけのページにするのだ。
  • 画面は640×480の解像度でデザインし、ユーザーに横スクロールを強いないようにする(関連記事)。
  • ページ/画面における最も重要な領域はユーザーの眼前にあるということを忘れないようにしなければならない。このため、重要な内容はスクロールせずとも見える場所に配置すべきである。ユーザーはウェブページをわざわざスクロールしてまで読もうと思わないことが多いため、スクロールしなければ読めない位置にあるコンテンツは読まれずに終わることが多い。
  • 個人情報の取り扱いポリシーを明確に掲載しておくことで、収集データをどう取り扱うかについて明らかにしておく(関連英文記事)。
  • フォームを用いてデータを収集する場合、入力項目は極力少なくしておくべきである。詰まるところ、入力項目の少ないフォームはユーザーに入力を完了してもらえる可能性が高い一方、入力項目の多いフォームは彼らに入力する気を失わせることになりがちなのである。また、電子メールによるやり取りの可否について、チェックボックスで指定できるようにしておくことが一般的である。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]