よりよいウェブ開発者になるためのFirefox 3のアドオン10選

文:Brendon Chase 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-07-01 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5. FireShot(Windows)Screengrab(すべてのOS)

 これらの2つのプラグインをまとめたのは、どちらもスクリーンショットを取るのに便利なものだからだ。FireshotはWindowsでしか動作しないが、ウェブページのスクリーンショットを作成し、ユーザーがそのページにメモをつけることができるものだ。これは開発者やデザイナーがウェブサイトの開発やテストのフェーズで重宝する。

 ScreengrabはFireshotほど強力ではないが、Mac、Linux、Windowsで利用可能であり、ウェブページ全体を画像として簡単に保存することができる。

7. ColorZilla 2.0

 ColorZillaはブラウザの特定の点の色を調べる機能を持つツールだ。これを使えば、その色を将来のために記録しておいたり、コードエディタや他のアプリケーションにコピーしてウェブサイトや画像を変更するのに使ったりすることができる。これがこのツールの主要な機能だが、他にもこのツールを使うことで、DOM要素を読み取ってさまざまな情報を取得したり、ウェブページ上の距離を測ったり、ページの特定の部分を拡大したりすることもできる。

8. Extended Copy Menu

 これは、ウェブページの一部をHTMLとしてコピーすることを可能にする、単純だが便利なアドオンだ。HTMLをコピーすることだけが目的で、「ページのソース」をクリックしてその部分のコードを見つける手間を省きたい場合、非常に便利なアプリケーションだ。

9. SeoQuake

 ウェブサイトの検索エンジン最適化(SEO)は重要だ(裏技を使ったりしなければだが)。SeoQuakeは、ウェブサイトの重要なSEOパラメタを調べることで、SEOの推測の作業の大部分を行えるものだ。このツールはユーザーのGoogle PageRankスコア、リファラ、del.icio.usの投票数やその他にも多くの情報を調べる。これは、SEOについての情報を必要とする初心者から上級のウェブ開発者までにとって、不可欠のツールだ。

10. Gspace

 ウェブ開発者のためのものというわけではないが、このFirefoxアドオンはデータをGmailアカウントにバックアップするのに使える便利なツールだ。これはオンラインドライブのように動作し、インターフェースでGmailアカウントにファイルをドラッグアンドドロップしておくだけで、後から取り出すことができる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]