ウェブクリエイションの業界・人・情熱--パソナテック 10周年イベント

笠井美史乃
2008-06-16 12:35:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webクリエイターとしての情熱

 仕事に対するモチベーションを維持するのが難しい、という声に対して挙げられた3つめのテーマは「Webクリエイターとしての情熱」だ。Webクリエイターとして目指すゴールを、松岡氏が聞いた。

 福井氏は「ウェブだけのゴールは設定しない」と述べ、関わる商品・会社全体を考える視点を前提とした上で、「自分が情熱を感じるのは相手の話を聞いて新しいことに気付くこと、そしてそれを使えるメディアを全て使って表現し、みんなに伝えること」だと語った。結果として会社や店のイメージが上がり「数字に紐付いてきて成功だと思える」という。

 では具体的に制作の目的意識、アイデアをインスパイアされるのはどのようなところからなのだろうか。

 福井氏は、日常見たもの、話に出たことを頭の中にインプットし、「それを分析することを日常的にやりつづけることが根本にある」という。北村氏も同じく「歩いているだけでいろんな情報が入ってくる」と語る。どうしてこのデザインになったのか、なぜそれがウケているのか。看板でも店舗でもテレビドラマでも、何を見てもなにか考えることがある。それらのことを危機感を持って自分に組み込んでいけるかが大事なのではないか、と述べた。

松岡清一氏。NRIネットワークコミュニケーションズ Webマーケティング事業部長 松岡清一氏。NRIネットワークコミュニケーションズ Webマーケティング事業部長

 インスピレーションがポンッと生まれることはないという福井氏の言葉に、松岡氏が「近道はないというのが答え」と返すと、「インプットするものも最初はゴミばかりだけど、だんだん濃くなっていく。最初はゴミ拾いからするしかない」と北村氏も賛同した。

 このように練って練ってアウトプットしていくことで、ウェブの価値を創り続ける。クリエイティブとしての価値に加え、結果を出す価値が付いてこないと「やっていけない」(北村氏)。「ボクら(が作るもの)は『最終』。受動を能動に変え、コンテンツを持って『洗脳』する。指名買いさせるのが今のウェブだ」(北村氏)と、結果を出すことに対する考えを明確にした。

 松岡氏はウェブ業界で働く人が自分のタスクに没頭するだけでなく「レイヤーを上げて考えたときに、それをどう機能させるべきなのかが見えてくると、働き方も変わってくるのでは」と総括。「キツイ・厳しい・帰れない」の「3K」と言われるウェブ業界において、キツイ・厳しいはものを作る仕事として避けられないが「『帰れない』を『カッコイイ』にしたい」という松岡氏。

 その松岡氏が「カッコイイ」と思う福井氏・北村氏の話から感じられたものの見方、仕事の考え方、気概を、来週からの仕事に活かせてもらえたらと会場に向けてメッセージを送り、ディスカッションを締めくくった。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]