Photoshop主要プログラマーがアドビを退社--マイクロソフトへ移籍

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部
2008-04-30 21:24:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 Photoshopバージョン2.0のころから同製品に携わり、Photoshop Lightroomでは開発の指揮を支援したプログラマー、Mark Hamburg氏がAdobe Systemsを去り、Microsoftに転職した。

 Lightroomに詳しく、同製品に関連した著作もあるMartin Evening氏が米国時間4月25日、自身のブログで語ったところによると、Hamburg氏はユーザー体験にかかわる職務に就く予定だという。Microsoftの関係者は、同氏の入社は認めたが、それ以上の詳細は明らかにしなかった。

 Adobeは、Hamburg氏の業績をたたえつつも、後を引き継ぐ数多くのプログラマーの存在を強調した。

 「Mark Hamburg氏のリーダーシップとPhotoshopおよびLightroomの両チームにおいて同氏が果たした貢献には極めて大きいものがある。しかしながら、同氏が所属していたチームは同氏が去った今も有能かつ革新的だと確信する。Lightroomの立ち上げで大きな成果をあげられたのは、彼らの真摯な働きや取り組みのおかげであり、彼らは現在、引き続きLightroom 2.0ベータに取り組んでいる」(Adobe)

 Hamburg氏は、1999年にSilicon Valley Intellectual Property Law Associationの最優秀発明家に選ばれたほか、2003年にはNational Association of Photoshop Professionalsの殿堂(Hall of Fame)入りしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ