インテル、「Mash Maker」を公開--一般ユーザー向けマッシュアップツール

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部
2008-04-23 12:59:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、ウェブ全体を編集可能にしたいと考えている。ウィキペディアの1ページのように。

 Intelは米国時間4月22日、ユーザーがウェブページを変更したり、異なるサイトからの情報を統合したりすることのできる無償のブラウザ拡張である「Intel Mash Maker」のベータ版をリリースした。Intelによると、最初のベータ版は、「Firefox 3」と「Internet Explorer 7」で動作するが、現時点ではFirefoxで使用する方が機能が充実しているという。

 Intelの研究所で開発された同製品は、グラフィカルデザインツールを搭載する点において「Yahoo Pipes」や「Microsoft Popfly」などの既存のマッシュアップツールに似ている。

 それらと異なるのは、Intel Mash Makerによる情報の実際のマッシュアップが、サーバではなくクライアント上で実行される点である。したがって、例えば「Google Maps」に不動産物件情報をプロットする場合、Intel Mash Makerでは、別のウェブアプリケーションを作成するのではなく、不動産物件掲載サイトに視覚的情報を付加するウィジェットを追加することができる。

 つまり、ユーザーは、既存のウィジェットをコピーするか、ウィジェットを別のウェブページへとカスタマイズすることにより、ウェブページを独自にカスタマイズすることができるというわけだ。例えば、Expediaのフライト検索結果で「leg room(足が伸ばせる余地)」を表示するウィジェットを持つユーザーは、それを他の旅行サイト向けに変更することが可能となる。

 Intel Researchのシニア研究者でMash Maker開発者でもあるRobert Ennals氏は、「ウェブサイトのカスタマイズ工程を一般開放しているのだ」と述べた。

 Intelは、ユーザーがよく使用されるウィジェットを検索可能なギャラリーを用意し、アイコンをFirefoxツールバーにドラッグすることによってそれらを自分のブラウザに追加できるようにしている。ウィジェットはコピー可能で、ウィジェットを拡張するためのAPIもある。JavaScriptプログラマならば、自分で作成してもよい。

「Intel Mash Maker」のインターフェース 「Intel Mash Maker」のインターフェース
提供:Intel
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ