IE、Firefox、Safari、OperaのCSSに関する互換性

文:Lana Kovacevic(Builder AU) 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-04-08 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

:not

 この疑似クラスは、特定のスタイルを適用する際、指定した要素をそこから除外するものだ。以下の例では、セレクタで

の内部のすべての要素に対してスタイルを適用するが、

要素は例外とすることを指定している。つまり、リスト要素に対してはフォントにSans-Serifのイタリック体を指定するが、パラグラフ要素は除く。

 このコードも、FirefoxとSafariでのみ動作した(以下の図を参照のこと)。

各ブラウザでの:notの実装状況

 疑似クラスはCSSの重要な側面であり、要素の振る舞いを指定することでウェブサイトをより双方向的にすることを可能にするものだ。以上の例がいずれもIEでは動作しなかったことは驚くことではないが、意外にもOperaが:rootと:notのテストに合格しなかった。これは、多くのブラウザではすべてのCSSの機能を実装しておらず、CSSのコードをブラウザごとにテストすることの重要性を示すものだ。

 ブラウザによってCSSのコードに問題が生じたことはあるだろうか?コメントでこれまでの読者の経験について教えて欲しい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]