5分で学ぶGoogle Gadget開発

白石俊平(あゆた)
2008-04-03 18:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまけ: 自前のWebサーバを持たずに、Google Gadgetを公開する

 最後に、自前のWebサーバを持っていない方でも、Googleの提供するガジェット置き場を利用することでガジェットを公開する方法をお伝えしよう。

 まず、「Google Gadget Editor」というガジェットをiGoogle上に貼り付ける。このガジェットが、Google Gadgetの編集と保存、公開を行えるようにするものとなる。

 貼り付けたら、エディタ上にソースコードを貼り付け、左上のメニューから「Save as」を選び、ファイル名(ここでは”helloWorld.xml”)を指定して保存しよう。これでファイルの保存が完了する。

 保存したファイルを公開するには、「Publish」というメニューを選択する。すると、次のようなメニューが出てくるはずだ(このメニューの前に警告が表示されることもあるが、「OK」を押す)。このメニューをクリックすれば、様々な公開方法を選択することができる。

上から順に、

「自分のiGoogleページに追加」
ガジェットを自分だけが使いたい場合
「iGoogleディレクトリに追加」
ガジェットを広く一般の人にも使って欲しい場合
「Webページに追加」
自分のWebページ上にガジェットを貼り付けたい場合
となる。

この記事は八角研究所とbuilderの共同企画のもと、builderが掲載しています。
八角研究所の記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]