5分で学ぶGoogle Gadget開発

白石俊平(あゆた)
2008-04-03 18:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3分目:Hello, Worldを書いてみよう

 構成がだいたい解ったところで、3分目は実際に動くガジェットのソースコードを見ていこう。以下に示すのが、「Hello, World」という文字列を画面に大きく表示するだけのガジェットのソースコードだ



  
  Hello, World
  ]]>

 2分目で学んだコードの構成そのまま。少しだけ補足しておこう。

  • ModulePrefsタグのtitle属性で、ガジェットの名前を指定する
  • Contentタグのtype属性に”html”を指定することで、HTMLコードはファイル内に埋め込まれることを宣言している
  • Contentタグの内部に、HTMLのbodyタグに書く内容を文字列で記述する。上の例のように、CDATAセクションを使うのが常道

 Contentのtype属性は、他にも”url”と言う値をとることができる。この場合、ガジェットのソースコードは指定されたURLから読み込まれて表示さる。”html”を指定することで、上のようにbodyタグの内容をそのまま埋め込むことができるわけだ。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]