5分で学ぶGoogle Gadget開発

白石俊平(あゆた)
2008-04-03 18:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2分目:ソースコードの書き方を教えて!

 2分目は、具体的にソースコードをどう書いていけばいいかという話。

 先に述べたとおり、ガジェットのソースファイルはXML形式だ。XMLファイルの全体像をざっとつかむために、Google Gadgetで使用するXMLタグの要素名をツリー形式で記述してみる(主なもののみ)。

  • Module ・・・ルート要素
    • ModulePrefs ・・・ガジェットのメタデータを記述
    • Require ・・・ガジェットが必要とするライブラリ
    • Locale, MayRequireなどその他のタグ
  • UserPrefs ・・・ガジェットが必要とするユーザ設定
  • Content ・・・HTML/JavaScriptなどでガジェットの内容を記述する

 この中で必須の要素は「ModulePrefs」と「Content」だけ。つまり、ガジェットのソースコードはだいたいこんな感じになる。


  
  
     HTML/JavaScriptでページの内容を記述
  

結構簡単そうですよね?

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]