Flashのマスクを用いて静止画を効果的に見せる方法教えます

文:John Lee(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-03-05 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この後、ステージに戻り、矩形をクリックし、図Lのように矩形マスクがより小さな矩形になるまで、枠上に表示されたハンドルをドラッグする。必要であればステージの表示倍率を調整してほしい。

図L 図L キーフレーム1の矩形マスクを縮小する

 次にタイムラインパレットに戻り、フレーム12にキーフレームを挿入する。[自由変形ツール]をもう一度選択し、今回は矩形マスクの幅のみを、ステージ上にある写真の幅を超えたところまで拡大する。これで矩形マスクは図Mのようになっているはずだ。

図M 図M キーフレーム12の矩形マスクの幅を広げる

 もう一度タイムラインパレットに戻り、フレーム24にキーフレームを挿入する。そして、[自由変形ツール]を選択してステージに戻り、矩形の高さを修正し、赤いマスク矩形が写真全体を包み込むようにする(図N)。

図N 図N 矩形マスクアニメーションの最後のキーフレーム

 さてここからが実際のアニメーションだ。

 タイムラインパレットに戻り、Maskレイヤーのフレーム1を選択する。フレームを右クリックし、[モーショントゥイーンを作成]オプションを選択する。マスクレイヤーの前半が青くなり、キーフレーム1からキーフレーム12までの矢印が引かれる。このステップを、キーフレーム12からアニメーションの終わりまでに対しても行う。キーフレーム1を選択した状態で[Enter]キーを押下すると、マスクが小さな四角から、写真全体を包み込む矩形へと変形するとともに、アニメーションのプレビューが表示される。タイムラインパレットは図Oのようになっているはずだ。

図O 図O マスクレイヤー上でモーショントゥイーンを作成する

 あと1つ、ステップを実行すると、マスクアニメーションは完成する。タイムラインパレットのMaskレイヤーを右クリックする。そして、ポップアップメニューから[マスク]オプションを選択する。これでMaskレイヤーは実際のマスクに変換され、タイムラインパレットには、PhotoレイヤーがMaskレイヤーによってマスクされていることが表示される(図P)。

図P 図P Maskレイヤーを実際のマスクに変換する

 ファイルを保存した後、動画のテストを行うために[Ctrl]+[Enter]を押下する。赤いマスク矩形があなたの写真を表示する範囲となり、写真にドラマチックな視覚効果が与えられたことを確認できるだろう。

 これが、Flashのマスクレイヤーとオブジェクトを用いたアニメーションによる視覚効果のすべてである。これは単純な例でしかないため、興味を持たれた方は、より複雑なベクトル図形とマスクレイヤーのアニメーションを探求してみてほしい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]