Safari 3.1はHTML 5対応を拡大

後藤大地(オングス)
2008-02-12 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleInsider - Apple's Safari 3.1 to support downloadable web fonts, moreによると、次期SafariとなるSafari 3.1はただのマイナーアップデートではなく、いくつかの新機能が追加される重要なバージョンアップになりそうだという。

 Safari 3.1ではHTML 5で導入が予定されているvideo要素およびaudio要素がサポートされるほか、HTML5 SQLストレージAPIのサポート、フォントのダウンロードと即時レンダリング機能の導入、getElementsByClassName JavaScript関数のネイティブ実装などが実現される模様。

 Safari 3.1の特徴をまとめれば、HTML 5対応の強化とgetElementsByClassName JavaScript関数ネイティブ実装による実行速度の向上、ということになりそうだ。これら機能はMac OS XとWindowsの両方のプラットフォームに適用されるとみられる。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ