2009年のWebブラウザはこうなる

後藤大地(オングス)
2008-01-31 18:16:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 Mozilla Foundation, JavaScript Evangelist, John Resig氏は1月31日(米国時間)、自身のブログにおいて、2009年と2008年のWebブラウザの重要性リストを示すエントリ、The Browsers of 2009を公開した。

 同氏によれば、2008年のWebブラウザ重要度は次のようになるという。

  1. Internet Explorer 6
  2. Internet Explorer 7
  3. Firefox 2
  4. Safari 3/2
  5. Internet Explorer 5.5
  6. Opera 9.2

 2009年のWebブラウザ重要度は次のようになるとみているようだ。

  1. Internet Explorer 7
  2. Internet Explorer 6
  3. Firefox 3
  4. Safari 3
  5. Opera 9.5

 バージョンの違いはあるかもしれないが、現状のシェアと今後の計画から推測する限りでは、同予測は的を射ったもののように思える。Resig氏の予測で注目すべきは点は、2009年にはIE 6よりもIE 7の方が重要になるということ、そしてIE 5.5はもはや対象としてはみられなくなることだ。

 もっともシェアを伸ばしているFirefoxが3や4をリリースしてさらに追い上げたとしても、当面この順位は変わりそうにない。しかし同氏の主張にしたがえば、Firefox 3は、かけるコストとそこから得られる利益という点でみた場合、もっとも還元率の高いブラウザということになる。Firefoxが開発者にとって魅力的なブラウザでありつづけることも、しばらく続きそうだ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ