Wineの完成度が向上中--Photoshop CS2をサポート

後藤大地(オングス)
2008-01-28 14:29:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2008年1月25日(米国時間)にリリースされた最新のWine 0.9.54で、Photoshop CSとPhotoshop CS2が動作するようになった。Photoshop 5からCS2までの動作が確認されている。

 Photoshop CSとCS2を動作させるには、一般ユーザで実行しrootでは実行しないこと、Wine環境にTimes32フォントをインストールすること、Wine環境でPhotoshopをインストールすることといった点に注意する必要がある。また、Altキーの設定がウィンドウマネージャとぶつかるため、ウィンドウマネージャ側の設定をAltからSuperに割り当てるなどして、別のキーへ設定変更しておく必要がある。

 ほかにもRPC関連のバグが修正されるなど多数のバグ修正や、デバッグ機能に多くの改善が施されている。今回のバージョンでPhotoshopがまったく問題なく動作するようになったわけではないが、Photoshop CS、CS2が動作するようになったことは注目すべき点だ。

 Wineはここ数回のリリースで確実に完成度を向上させている。Wineを用いて、Windowsで動作するアプリケーションをLinuxやFreeBSDに導入するパッケージも登場しはじめており、今後の発展が期待される。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ