SafariのHTML/CSS対応:アップルのリファレンスマニュアル

後藤大地(オングス)
2008-01-24 14:33:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、WebブラウザであるSafariのHTMLリファレンスマニュアルと、Safari CSSリファレンスマニュアルを公開している。Internet ExplorerでもFirefoxでも、そしてSafariであっても、思った通りに表示されるWebサイトを作成したいのであれば、両者ともブックマークして適宜、参照したいものだ。

 Introduction to Safari HTML Referenceでは、Standard HTMLでSafariが準拠している規約について説明し、HTML Extensionsでは、HTML5で導入が予定されている拡張機能や、ほかのブラウザ共々実装している拡張機能、またはSafariだけに用意されている拡張機能が説明されている。

 たとえば拡張機能としては、canvas要素にはじまりembed要素、keygen要素、layer要素、marquee要素、nobr要素、noembed要素、nolayer要素、plaintext要素、wbr要素、xmp要素などがあるほか、meta要素にviewportという拡張指定がある。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ