良いURLについて考える

文:Tony Patton(TechRepublic) 翻訳校正:原井彰弘
2008-01-23 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すでに存在するページのマッピング

 サイトの開発者や管理者がURLのマッピング機能を利用すれば、常に変化しないユーザフレンドリなURLを作成し、そのURLをすでに存在するページにマッピングすることが可能になる。多くのウェブプラットフォームでは、このような機能は基本機能として提供されている。これは、基本的には分かりやすいURLを用いてすでに存在するサイトへのパスを示す機能だと考えてもらえればよい。たとえば、次のような長いアドレスは、

http://www.examplesite.com/main/shopping/products/books/sale

 以下のように短く分かりやすいアドレスにマッピングすることが可能だ。

http://www.examplesite.com/books/sale

 この機能は、多くの製品で簡単に利用できる。たとえばIBM WebSphereでは管理ツールを用いて設定を行える。また、ASP.NET 2.0では設定ファイルによってマッピングの機能を提供している。Apacheでも、URLのリダイレクト機能を用いて同様のことを実現可能だ。しかし、動的なアドレスで分かりやすいURLを提供しようとすると、少し工夫が必要になる。

動的なコンテンツを扱う

 今日のウェブでは、ページの生成はごく一般的に行われることだ。バックエンドのデータベースを利用して、常に変化するコンテンツを提供するのは珍しいことではない。このようなしくみは、最新の情報を利用者にタイムリーに届けるためには必要不可欠であるが、このような動的なコンテンツのアドレスはしばしば利用者に苦痛を与える。わかりやすい例は、Lotus Dominoがはき出したURLだろう。以下のURLは、(Dominoを用いて構築された)IBMのサイト上のある書籍を示している。

http://publib-b.boulder.ibm.com/Redbooks.nsf/
9445fa5b416f6e32852569ae006bb65f/7a98d2e4b033351c85256a50004af2fc
?OpenDocument

 このアドレスを覚えたいと思うだろうか?この場合は、アドレスに対してわざわざ分かりやすいURLを用いる必要はないかもしれない。しかし、アドレスを短くし、暗号文のような文字列を普通の言葉に戻して分かりやすいURLにしたいと思うこともよくあるだろう。このようなアドレスは、悪用されうるデータやコマンドを含んでいることから「汚いURL」と呼ばれることもある。

 URLの書き換えを行うことによって、このような複雑なウェブアドレスを隠蔽することが可能になる。これは、受信したウェブリクエストを捕捉し、リクエストを別のリソースにリダイレクトするという処理だ。ただし、このURLの書き換え機能を実装する際には、その書き換え作業を行うのにかかる時間が問題となる。自分でこのような書き換え機能を開発してアプリケーションに含めることも可能だろうが、別のソリューションを利用してもよい。

 Apacheを利用しているのであれば、mod_rewriteモジュールを利用することが可能だ。このモジュールでは、リクエストされたURLをルールベースのエンジンを用いてその場で書き換えることができる。またASP.NETを利用している場合は、自分で開発を行うという選択肢もあるが、ISAPI_RewriteIISRewritePageXchangerのようなサードパーティのソリューションを利用することも可能だ。これ以外にも、現在のウェブプラットフォーム市場には多数の製品がある。

  • コメント(3件)
#1 anonymous   2008-12-03 10:03:49
しょーもない
#2 anonymous   2008-12-03 10:14:15
URLって何??
#3 anonymous   2008-12-03 10:23:08
なんだろうか、この記事のつまらなさは
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]