100%JavaのウェブブラウザLobo Browser 0.97.5

原井彰弘
2008-01-15 17:46:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Lobo Projectは1月14日、完全にJavaで書かれたウェブブラウザ「Lobo Browser」の新しいバージョン「Lobo Browser 0.97.5」をリリースした。

 Lobo Browserは、描画エンジンも含めてすべてJavaで書かれたウェブブラウザ。ウェブブラウザの実装にJavaを用いることによって、プラットフォームに依存しないメリットがあるほか、Javaプラットフォームのセキュリティ機能によってブラウザ自体の安全性が高まるという。また、Javaを利用して容易にプラグインの開発が行えるのも魅力の1つだとしている。

 現時点では、HTTP認証やブックマーク、ダウンロードGUIなどブラウザとしての基本的な機能がいくつか実装されているものの、描画エンジンにはまだ多くの問題が残されているという。しかし、将来的にはHTML 4、JavaScript、CSS 2を完全にサポートすることを目標として開発が続けられている。

 なお、今回リリースされた新バージョンでは大きな新機能の追加はなく、バグ修正のみとなっている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ