悪用厳禁、恐怖のHTMLショップ:blinkタグ

文:Chris Duckett(Builder AU) 翻訳校正:原井彰弘
2007-12-27 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 幸運にもFirefoxでこの記事を読んでいる方は、以下の点滅を見てblinkタグの栄光を感じて欲しい。

コード:

The Blink Tag

実行例:

 The Blink Tag

ほかに何ができるか

 残念ながら、blinkタグではテキストしか点滅させることができない。画像を点滅させようとしても失敗してしまうのだ。

 

 しかし、ブラウザの後方互換モードで問題のあるHTMLをわざと利用すれば、簡単にページ全体のテキストを点滅させることが可能だ。blinkタグを使用するということは、その時点であなたはHTMLの標準について明らかに関心がないのだから、汚いコードを書くなら徹底的に汚いコードを書いて、ごみ箱の中に足を突っ込む以上のことをしてみよう。

 以下のようなHTMLコードを例とする。

The heading

First paragraph

Second paragraph

 この内容すべてを点滅させたければ、開始タグのみトップの要素中に記述すればよい。そうすれば、とても嫌われる結果が表示される。

コード:

The heading

First paragraph

Second paragraph

実行例:

The heading

 First paragraph

 Second paragraph

 実は、blinkタグを使わなくても点滅をさせること自体は可能だ。次のページではその例を示そう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]