Safari、JavaScript処理の高速化へ

後藤大地(オングス)
2007-12-25 17:40:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JavaScriptを活用したWebアプリケーション開発で多様される関数のひとつに「getElementsByClassName」がある。クラス名を指定してHTMLの要素を特定する関数で、getElementsByTagNameやgetElementByIdのように要素を特定するために使われる。

 WebKitにgetElementsByClassNameのネイティブ実装が追加された。これまでJavaScriptで開発されたライブラリで実現されていが、ネイティブ実装になったことでそ追加のJavaScriptライブラリが不要になった。しかも実行速度が桁違いに高速になっている。

 getElementsByClassNameは開発中のFirefoxやOperaでも実装されているため、これで次期Firefox、Opera、Safariの3者がそれぞれネイティブ実装を実現したことになる。要素の特定はJavaScriptプログラミングにおいて多用される機能であるだけに、その恩恵は大きいといえそうだ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ