モジラ、オンラインサービスの「Weave」を導入

文:Dave Rosenberg(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2007-12-25 11:32:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Labsは米国時間12月21日、「Weave」と呼ばれる新しいオンラインサービスを開始した。Weaveの概念は、ブックマーク、パスワードといったすべての個人情報を「Firefox」経由で「Mozilla」アカウントに同期するというものだ。

Mozilla Weaveのロゴ

 Mozilla LabsのゼネラルマネージャーであるChris Beard氏は自身のブログで、Weaveの目的を次のように説明している。

  • Mozillaがホスティングするオプションのオンラインサービスの基本的なセットを提供する。
  • ユーザーが無償で入手できるオープンスタンダードをベースにしたツールを使用して独自のサービスを簡単にセットアップできるようにする。
  • ユーザーがデータを家族、友人、第三者と共有するか否か、共有するとしたらどのように共有するかを完全にコントロールしてカスタマイズできるようにする。
  • 個人のプライバシーを尊重する(例えば、アクセス権を委任する能力を備えたクライアント側の暗号化機能を初期設定で装備する)。
  • 既存のオープンスタンダードを活用し、必要に応じて新しいオープンスタンダードを提案する。
  • Firefoxのような拡張性のあるアーキテクチャを構築する。

 Mozillaがサービス分野に進出するのを見るのは興味深いが、これ重要な取り組みなのかどうかは筆者にはまだ分からない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • コメント(7件)
#1 D298   2007-12-25 16:00:53
狙いはOpenIDなんでしょうかねぇ?
#2 大野晋一   2007-12-25 17:05:06
既存サービスだと .Mac が近いのでは?

これを拡張して、オープンに(ここ重要)したものではないかと。
#3 D298   2007-12-26 12:04:56
GoogleDocsのようなSaaS+データストアなサービスを打ち出して、その後サービス認証(OpenID)へと移行してゆく展開をイメージしてしまったのです。
ブラウザベンダーがサービス認証に取り組むのはスタンダード化を打ち出しやすいので、展開としてはありそうに思えるのですよ。その基盤としてのものなんじゃないかな、と勘繰ってみました。

.MacはMSのLiveサービスのMac版というイメージで捉えてます。もっとクラウディになれば面白そうなんですが・・・
#4 大野晋一   2007-12-26 17:17:58
MozillaがOpenIDを広めるハブとして機能するとものすごく面白いですよね。一方で、Mozillaがアプリケーションサービスをホストするのはコアバリューから外れてぐだぐだになりそうなのがなんとも…… Prismもあることだし、Mozillaの2008年はそうとうに面白くなりそうです。
#5 サクヤス   2007-12-27 02:02:43
みんな好きなMozillaですが、ここのビジネスモデルってどうなっているのでしょうか?どなたかご存知ありませんか?

この間の夏も CNET と連動して、ド派手なプロモーションをしていましたが。。そんなに収益あるのでしょうか?
#6 (・∀・)キムティ♪   2007-12-27 15:28:44
Mozillaは、Googleから資金を得ています。Firefoxの右上にある検索窓、あるいはスタートページの検索窓の検索結果からGoogle adsなどをクリックすると、その広告料の80%をMozilla側が得ることによるもの。
http://slashdot.jp/articles/07/01/07/0157252.shtml
#7 sew   2007-12-27 23:13:43
Mozilla好きですよ。今後どうなっていくのでしょうか。楽しみです。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]