JavaScript実行速度、OperaとSafari 3がツートップ

後藤大地(オングス)
2007-12-21 18:37:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 19日(米国時間)、Jeff Atwood氏のブログでThe Great Browser JavaScript Showdownという興味深い記事が掲載されている。先日リリースされたばかりのJavaScriptベンチマークSunSpiderを使ってOpera、Safari 3、IE 7、Firefox 2のベンチマークを実施したというものだ。

 ベンチマークに使われたのはIntel Core2Duo 3GHz、主メモリ4GBで動作しているWindows Vista。結果はOpera 9.5、Safari 3.0.4、Firefox 2、IE 4の順にJavaScriptの処理が高速となった。それぞれ5.4秒、6.6秒、10.5秒、21.2秒とされており、OperaとSafari 3がすぐれた結果を残している。

 同記事では、仮に文字列処理の結果をベンチマーク結果から取り除くと、IE7とFirefox 2の実行速度が逆転することを指摘している。IE 8で文字列処理が高速化されれば順位の逆転もありえるわけだ。実行速度はFirefox 3/4でも注目の対象となりそうだ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ