Qt 4.4でWebKitを統合、Safariのパワー獲得

後藤大地(オングス)
2007-12-20 19:01:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Trolltechは19日(米国時間)、Qt 4.4のプレビューを公開した。Qt 4.4のリリースはまだ数カ月先になるとみられている。Qtの機能を大幅に向上させるエキサイティングなリリースになる。

 Qt 4.4で注目すべきは「WebKit」がマージされるところにある。WebKitはSafariでも採用されるHTMLレンダリングなどのための基盤コンポーネント。このためQt 4.4を使うアプリケーションはHTML 4.01のみならずXHTML 1.1、XML、CSS 2.1、JavaScript 1.5、SVG 1.2、CSS 3、HTML canvas、Ajaxなどの機能が使えるようになる。

 それ以外にもKDE Phonon multimedia framework projectで開発されているフレームワークの採用、マルチスレッドプログラミングの負荷を軽減させるコンカレンシフレームワークの導入、XQueryのサポート、IPCフレームワークの導入なども実施される。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ