IE8、ウェブ標準準拠テストAcid 2に合格の見通し

文:Josh Lowensohn(CNET News.com) 翻訳校正:編集部
2007-12-20 19:59:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 標準、標準、そして標準。

 「標準」。これこそ、「Internet Explorer」次期版であるIE8を紹介するビデオでの全般を通じたテーマだ。これまでIE8に関する詳細情報はほとんど明らかにされてこなかったが、MicrosoftのコミュニケーションチャネルChannel 9で閲覧できる 30分のビデオでは、IEのゼネラルマネージャーDean Hachamovitch氏とアーキテクトのChris Wilson氏が登場し、次期版における標準、互換性、相互運用性の大切さを強調している。われわれはまた、プレビューというには程遠いIE8の開発ビルドをこっそり見せてもらった。何か新しい情報はあるかって?IE8はやっと、Acid 2レンダリングテストに合格できる見通しだ。Acid 2は、ウェブ標準への準拠状況を調べるテストで、もっとも厳格なものといわれている。

 Microsoftは当初、IE7で標準準拠を追加する計画だった(Acid 2のテストも含まれていた)が、結局、出荷時に目標を達成できなかった。その後、標準準拠は優先事項ではなくなり、将来のアップデートで実現すべき長い目標リストの下の方に押しやられており、Microsoftが開発リソースを次期版となるIE8に注ぎ始めたことから意味をなさなくなっていた。IEはこれまでリリースされたどのバージョンでもAcid 2合格を実現していないが、ライバルの「Opera」、Appleの「Safari」はこの数年で同テストにパスしている。Mozillaは現行版「Firefox 2」ではAcid 2合格を果たせなかったが、次にリリースする「Firefox 3」では合格する見通しだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ