Firefox 3 次期βでパフォーマンス改善、ファイナルは2008 Q2が妥当か

後藤大地(オングス)
2007-12-18 18:54:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Firefox 3 β2のリリースは12月21日(米国時間)に予定されている。作業が滞りなく進めばβ1をリリースしてからちょうど1カ月後にβ2のリリースとなる。β2では900ほどのバグが修正される。修正事項のうち30強がパフォーマンス改善に関するもので、同じく30強のメモリリークが修正される。ほかにもメモリ使用量の改善やJavaScriptエンジンの改善、クラッシュ問題の修正が実施されることになる。

 この修正でもまだ3リリースまでに修正するバグが含まれているため、β2のあとにβ3がリリースされる見通しだ。その後でRCリリースが続けられ、一定のクオリティを達成した段階で最終リリースとなる。同様のペースでバグの修正とデザインの変更が続けられれば2008Q1にβ版とRC版が随時リリースされ、2008Q1の後半か2008Q2の前半でのFirefox 3リリースとなるだろう。春のおとずれとともにFirefox 3リリースだ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ