Windows XPのレジストリを編集して行うクールなカスタマイズ10選

文:Faithe Wempen (Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2010-05-12 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本記事ではWindows XPユーザーのために、コントロールパネルから設定を変更することができないレベルのカスタマイズを行うために必要となる、レジストリ編集情報を10個紹介する。

 レジストリエディタはおそらく、読者の方にとってもお馴染みのツールだろう。Windows XPの場合、スタートメニューから[ファイル名を指定して実行]をクリックし、「regedit」と入力して[OK]ボタンをクリックするだけで起動できる。そして表示されたウィンドウでレジストリ階層をたどって変更したいレジストリキーを探し出し、それをダブルクリックすると、ダイアログボックスが表示され、そこからキーの値を変更できるようになる。ただし、変更を行う前に[ファイル]−[エクスポート]を選択し、そのレジストリのバックアップコピーを作成しておく習慣を付けておくのがよいだろう。では以下に、あなたの好みに合わせてシステムをカスタマイズする方法を紹介する。

#1:コントロールパネルのカテゴリを変更する

 Windows XPのコントロールパネルは、デフォルトであるカテゴリ表示ではカテゴリ別に表示されるようになっているものの、アクセスしたい項目がどのカテゴリに属しているかが分からないこともよくあるだろう。Microsoftの分類に不満がある場合、項目のカテゴリを変更することができる。項目を異なったカテゴリに所属させるにはまず、以下のキーを探し出してほしい。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Control Panel\Extended Properties\{305CA226-D286-468e-B848-2B2E8E697B74} 2

 そこでカテゴリを変更したい項目を探し出し、それをダブルクリックすることでダイアログボックスを表示させる。そして「値のデータ」を好きなカテゴリのものに変更する。値のデータについては表Aを参考にしてほしい(10進数で表記してあるため、ダイアログボックスの「表記」は[10進]を選択してほしい)。

表A

カテゴリ 設定するDWORD値
コントロールパネルのその他のオプション 0
デスクトップの表示とテーマ 1
プリンタとその他のハードウェア 2
ネットワークとインターネット接続 3
サウンド、音声、およびオーディオデバイス 4
パフォーマンスとメンテナンス 5
日付、時刻、地域と言語のオプション 6
ユーザー補助のオプション 7
プログラムの追加と削除 8
ユーザーアカウント 9

#2:「ようこそ」画面で特定のアカウントを非表示にする

 PCを起動した際に表示される「ようこそ」画面には、あなたの設定したユーザーアカウントが表示される。この際に特定のアカウントを非表示にしたい場合、まずは以下のキーを探し出す。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\SpecialAccounts\UserList

 レジストリエディタのウィンドウ内の何もないところで右クリックして[新規]−[DWORD値]を選択し、「値の名前」に非表示にしたいアカウント名を指定する。そして「値のデータ」に「0」(10進数)を指定する。なお、ユーザーの簡易切り替え機能を利用した場合にはこのアカウントにアクセスすることができない(「Windowsへログオン」ダイアログボックスのみからアクセス可能となる)。また、「Documents And Settings」フォルダにはこういったユーザーのプロファイルが表示されるため、完全に非表示となるわけではないということを忘れないようにしてほしい。さらに、管理者権限のあるユーザーでログオンした場合、「ローカルユーザーとグループ」にも表示される。

#3:起動時に特定のプログラムに対する自動ロードを抑止する

 古き良きWindows 3.1のことを覚えているだろうか?あの頃はテキストエディタでwin.iniファイルを開き、起動時にロードしたくないプログラムの「run=」行を削除することができた。しかしWindows 9x以降、32ビットプログラムは起動時にレジストリからロードされるようになったため、win.iniファイルはさほど有用ではなくなってしまった。

 起動時に特定のプログラムをロードさせないようにするには、msconfigというコマンドを([ファイル名を指定して実行]から)使う方法と、レジストリを直接編集するという方法がある。後者は以下の2つのキーのいずれかを編集することになる。

 どのユーザーがログオンしても起動するアプリケーションの場合には:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

 カレントユーザーがログオンした際に起動するアプリケーションの場合には:

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

 ロードさせたくないプログラムのエントリを削除するには、キーを右クリックして[削除]を選択する。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ