Wordのスタイル作成--見出しに連番を付加するための10のステップ

文:Susan Harkins(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2010-04-13 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#9:文章を作成しながら番号を付けていく

 文書を作成する際、テキストの入力時にスタイルを指定することができる。これには、新しい行の先頭にカーソルを移動させ、「書式設定」ツールバー上のスタイルコントロールから適切なスタイルを選択するだけでよい。つまり、大見出しを入力するには、「Section 1: Heading 1」を選択することになる(図H)。

図H 図H テキストを入力する前に見出しのスタイルを選択する。

 すると、適切な番号とともに、「番号書式」で指定した文字列が挿入される(図I)。ここで見出しの内容を入力し、Enterキーを押下すればよい。図Jでは、下位レベルの見出しとして「見出し 2」、すなわち「1.1」が表示されている。「見出し 2」をもう1つ追加すると、適切な番号、すなわち「1.2」が自動的に付加される(図K)。

図I 図I Wordによって、適切な見出し番号が付加される。

図J 図J 最初の下位レベルの見出しには、セクション番号の「1」と、サブセクション番号の「1」が表示される。

図K 図K サブセクション番号は「2」になるが、セクション番号は「1」のままとなる。

#10:文章の入力後にスタイルを指定する

 文章を書いた後で書式を整えたいという場合もあるだろう。その場合、見出しのテキストを選択した後、「書式設定」ツールバーから見出しのスタイルを選択する。すると、該当スタイルで設定した形式の見出し番号がWordによって自動的に挿入される。図Lは、テキストを選択後、「見出し 2」(Heading 2)のスタイルを指定した状態を示している。

図L 図L テキストを選択した後で見出しのスタイルを指定することもできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]