Wordのスタイル作成--見出しに連番を付加するための10のステップ

文:Susan Harkins(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2010-04-13 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#4:大見出しのスタイルを変更する

 これで、大見出しに相当する「見出し 1」のスタイルを変更する準備が整ったことになる。まず、[変更](Customize)をクリックする。すると「アウトライン番号の書式設定」(Customize Outline Numbered List)ダイアログボックスが表示される(図D)。ここが本記事で紹介する手法の核となる部分である。このダイアログボックスを用い、以下の手順に従って「見出し 1」のスタイルを設定する。

  1. 「レベル」(Level)というリストボックスでは、9つの見出しレベルの中から見出しを1つ選択できるようになっている。「1」を選択した後、より多くの設定項目を表示させたい場合には[オプション(M)](More)ボタンをクリックする(このボタンは、既にすべての設定項目が表示されている場合、[オプション(L)](Less)という表示になっている)。
  2. 「番号の種類」(Number style)ドロップダウンリストからスタイルを選択する(デフォルトのスタイルを変更したい場合)。
  3. 「番号書式」(Number format)テキストボックスに、見出し番号とともに表示させたい文字列を追加する。図Eは、「Section」という単語に続き、番号とコロンを表示させたい場合の例を示している。
  4. このダイアログボックスの下部にある「レベルと対応づける見出しスタイル」(Link level to style)が「見出し 1」(Heading 1)になっていることを確認しておいてもらいたい(この設定操作は「見出し 1」に対するものとして行っているため、デフォルトの「見出し 1」になっているはずである)。
  5. 「番号に続く空白の扱い」(Follow number with)ドロップダウンリストには[スペース]を指定する。
  6. このアウトライン番号の書式に名前を付け、それを「LISTNUMフィールドのリスト名」(ListNum field list name)に入力する(図Eでは「NumberedHeadings」という名前を付けている)。後々混乱しないよう、新しい書式には必ず名前を付けるようにしてほしい。
図D 図D 見出し番号に関する設定は、すべてこのダイアログボックスから行えるようになっている。

図E 図E 見出し番号は任意の文字列とともに表示させることができる。

 この時点ではまだ[OK]をクリックしてはいけない--大見出しよりも下位レベルの見出しのスタイルも設定しておく必要がある。

#5:下位レベルの見出しのスタイルを変更する

 大見出しである「見出し 1」のスタイルを変更したのであれば、以下の手順に従って、下位レベルの見出しである「見出し 2」 のスタイルを変更してほしい。

  1. 「レベル」リストボックスから「2」を選択する。
  2. 「番号の種類」ドロップダウンリストから番号の種類を選択し、必要に応じて「番号書式」テキストボックスの内容を編集する。
  3. 「レベルと対応づける見出しスタイル」が「見出し 2」(Heading 2)になっていることを確認する。
  4. 「番号に続く空白の扱い」ドロップダウンリストには[スペース]を指定する。
  5. 下位レベルの見出し番号を1から開始させたい場合、「連番を付けるレベルを指定する」(Restart numbering after)の内容を確認する。ほとんどの場合、1つ上の見出しレベルを指定しておけばよいだろう(図F)。こうすることで、「見出し 1」の段落が新しく出現する度に、「見出し 2」の番号がリセットされるようになる。つまり、「見出し 1」が1から2へと変わると、「見出し 2」の番号は改めて1から開始され、2.1、2.2、2.3といったかたちで番号が付けられるようになるわけである。
図F 図F 「見出し 1」の番号が変わった際に、「見出し 2」の番号がリセットされるように設定する。

 この時点でもまだ[OK]をクリックしてはいけない--作業はまだ終わっていないのである。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]