グーグル、「Google Buzz」のプライバシー問題に対応--非公開設定が容易に

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル、編集部
2010-02-12 17:01:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間2月11日遅く、「Google Buzz」にいくつかの変更を施したことを発表し、同社が遅ればせながら、新サービスのプライバシー問題をめぐる反発を認めたことを示した。

 Google Buzzを公開当初から使っているユーザーは、設定、特にプライバイシーに関する設定が非常に複雑なことに気づいていた。Googleの11日のブログ投稿によると、同社は最初からGoogle Buzzにプライバシーコントロールを組み込んでいたが、Googleはフォローしているユーザーのリストを簡単には非公開にできなくしているとの根強い批判を聞き入れて、この新ソーシャルネットワーキングサービスのセットアッププロセスに修正を加えたという。

 GoogleはGmailブログで「(中略)この情報を表示しないようにするためのチェックボックスが見つけづらいという声があった。このフィードバックを基に、ユーザーにわかり易いように変更した」と述べ「この変更は11日中にすべてのGmailユーザーに向けて展開する」と記している。

 今後、Buzzユーザーは同サービスに初めてログインした際に、「How do you want to be seen to others?(ほかのユーザーに公開する情報を選択してください)」と促されるようになる。デフォルトのオプションは「Show the list of the people I'm following and the list of people following me on my public profile(自分がフォローしているユーザーのリストと、自分をフォローしているユーザーのリストを公開プロフィール上に表示する)」だが、このボックスからチェックを外すことが可能だ。また、このオプションは、リストを隠すのに複雑な手順が必要だったアップデート前のバージョンと比べると、はるかに見つけやすくなっている。

Google Buzz 提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ