えとらぼ、分散型ストレージ「kumofs」をオープンソースで公開

鳴海淳義(編集部)
2010-01-18 12:18:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 えとらぼは1月18日、分散型のストレージシステム「kumofs」をApache License 2.0 のもとオープンソースとして公開した。kumofsは同社の写真ストレージサービス「Ficia」で使用されている。

 kumofsはレプリケーション機能を備え、一部のサーバに障害が発生しても正常に動作し続けられるほか、自動的に複数のサーバに負荷を分散して高速に動作するという。システムを止めることなくサーバの追加や復旧ができるなど、スケーラビリティ性に優れるという特徴もある。

 kumofsはInteropTokyo 2009 クラウドコンピューティングコンペティションで優勝した。えとらぼはプログラムをオープンソースとして公開することにより、多くの人にkumofsを利用してもらい、プログラムの改善に参加してほしいとしている。

 えとらぼは元ミクシィCTOの衛藤バタラ氏が創業したベンチャー企業だ。

kumofskumofs
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ